カンジダ膣炎

湿度が高い状態になっていると発症するカンジダ膣炎

 

カンジダ膣炎は女性に特に多い性病の一つであり、性行為によっても感染することもありますが、性行為を行わなくても発症することがあります。

 

なぜなら、カンジダ膣炎の原因菌であるカンジダ菌はカビなどの真菌の一種で、膣内に多く存在してる常在菌です。

 

湿気の多い状態を好み繁殖するので、発症しないようにするには、膣内を湿度が高い状態にしないことが良いとされます。

 

しかし、体内に埋まっているものを取り出すことはできないので、下着などをこまめに替えたり、生理の際にはタンポンやナプキンを長時間の使用を避けることが良いとされます。

 

特に、最近は下着を汚すのがいやという女性がおりものシートなどを常用することがありますが、これはカンジダ菌の好む状態を作りやすくするのであまり良くありません。

 

体を締め付けるようなきつすぎる下着も、蒸れて湿気が多くなる原因となりカンジダ膣炎を発症しやすくなるので、通気性の良いゆったりとした下着をつけるのが良いでしょう。

 

また、免疫力が低下している妊娠中や疲労がたまっているときなども症状が出やすいので気を付けるようにしましょう。
特に出産時までカンジダ膣炎が治らないと出産の際におなかの赤ちゃんにも感染することが考えられるので、異変に気づいたら早めに改善するのが良いでしょう。

 

 

血糖値が下がりにくい肥満の人が発症しやすいカンジダ膣炎

 

カンジダ膣炎はカビ菌の一種であるカンジダ真菌が陰部や膣内に異常に増殖して炎症を引き起こす病気ですが、カンジダ真菌はほとんどの人が持っている常在菌なので、カンジダ膣炎は女性の約7割の方が一生に一度はかかるといわれるポピュラーな病気といわれています。
とはいえ、この病気にかかると膣や外陰部に激しい痒みが生じるので、できればかかりたくないものです。
予防には常に性器を清潔に保つことも大事ですが、近年、カンジダ膣炎の発症のリスクを高める要因として医師が警鐘を鳴らしているのが、持続的な高血糖です。

 

人間の身体は有害な細菌やウイルスを守る防衛機能として免疫力を備えていますが、血糖値が高い状態が続くと、こうした細菌から身を守るための免疫力が低下してしまいます。
すると、膣内にカンジダ真菌がどんどん増殖してしまうため、やがてカンジダ膣炎に発症してしまうのです。
血糖値の高い状態が続く病気といえば糖尿病ですが、たとえ糖尿病に罹患していなくても、なかなか血糖値の下がりにくい肥満の人でも免疫力の低下が持続的に起こるため、同様にカンジダ真菌の増殖を抑えきれずに膣炎を発症しやすくなるといわれています。
このように、カンジダ膣炎を予防するには、血糖値をコントロールして正常な状態を保つ必要があるので、特に、糖尿病や太り気味の女性の方は、糖分が多くて血糖値が急上昇しやすい甘いお菓子の摂取を控えるとともに、血糖値の上昇を緩やかにする食物繊維を豊富に含む野菜や海藻類を積極的に食べるようにするなど、毎日の食生活に気をつけることが大切です。

 

 

白いカッテージチーズのようなおりものが出るカンジダ膣炎

 

性病の中でも知名度の高いものとしてカンジダ膣炎があるのではないでしょうか。感染したことがない人でも、一度はその名前を聞いたことがあるかもしれません。性病は性行為によって感染をします。自分がこれまで感染をしたことがなくても、パートナーがその原因菌を持ていることにより、感染をしてしまうということもあるのです。その予防のためには、感染が分かった時点ですぐに治療をはじめて感染を拡大させないこと、また日ごろの性行為の時からコンドームなどの避妊具を使用するといったことが大切になります。カンジダ膣炎でよく見られる症状はなんでしょうか。それは白いカッテージチーズのようなおりものが出るのが特徴的です。そもそもカンジダとは真菌である、私たちの周りにも数多く存在する菌です。そのために感染することも多いです。抵抗力があるときはいいのですが、ストレスや体力が落ちているときなどは感染の影響を受けやすくなります。そして感染初期には、膣の違和感やかゆみなどの症状を感じ、その内チーズ上のおりものが出ることによって自覚が強くなります。自分で気を付けることによって治癒させることはできないのでやはり専門医の診察を受け治療することが確実に治す方法です。

湿度が高い状態になっていると発症するカンジダ膣炎記事一覧

カンジダ膣炎の予防方法30代も半ばを過ぎて体力が低下してきたり妊娠をしたりで私の周りにもカンジダ膣炎を経験した友達が増えてきました。私も妊娠中にカンジダ膣炎を経験したのですが、ちょうど産婦人科に通っていたので直ぐに治療をしてもらい大事には至りませんでした。今日は私が治療をしてもらった時に産婦人科の先生が教えてくれたカンジダ膣炎の予防方法に付いて書いてみたいと思います。カンジダ膣炎はカンジダ真菌と言...

膣カンジタ症と性感染症膣カンジダ症を発症してしまう理由というのは主にカンジタ菌が原因となっています。膣カンジタ症のそもそもの原因となっているのは、性行為による感染です。しかし、外部感染、そして膣内の炎症が原因となっている場合もあります。セックスによって、膣内の粘膜が傷んでしまい、カンジタ菌が大幅に増殖してしまうと発症してしまいます。次第に、膣炎を起こしてしまい炎症が酷くなることがありますので、早め...

カンジダ膣炎は早期治療をしましょう性器の病気って当たり前ですが性感染症(性行為が原因の病気)だけじゃないってご存知ですよね?とても当たり前の事なのですが、内蔵病等の内疾患や皮膚病と同じように性器も病気になります。カンジダ膣炎は性器の周りや膣内に痒みを感じたりおりものに異常が見られる病気なのですが性行為によって感染する病気ではなく、膣内の常在菌が増えることで発症する病気です。ですので性行為を経験した...

膣カンジタ症ってご存知みなさん膣カンジタ症ってご存知ですか??膣カンジタ症は女性の多くが経験済みの病気なのですが、それがカンジタ症であると気が付かないことが多いよう です。なぜならカンジタ症によって引き起こさせる症状は「かぶれ」っているのと非常に似ているからです。デリケートゾーンに頻繁にかゆみを感じ、さらにおりものがいつもと異なってはいませんか??これらが膣カンジ タ症の一般的な症状です。膣カンジ...

口内炎とカンジダの関係口の中に、ストレスからくるカンジダができてしまいました。ていうか、カンジダが大事なところ以外にできるということも知りませんでしたし、ストレスのせいでできるということもまったく知りませんでしたよ。なんだかこの1週間くらいで、非常に勉強になりましたね。・・・ちっとも嬉しくないですけども。名前として口腔カンジダ症というものになるみたいなんですけど、正直名前なんてどうでもいいです。カ...