膣カンジタ症と性感染症

 

膣カンジダ症を発症してしまう理由というのは主にカンジタ菌が原因となっています。
膣カンジタ症のそもそもの原因となっているのは、性行為による感染です。
しかし、外部感染、そして膣内の炎症が原因となっている場合もあります。

 

セックスによって、膣内の粘膜が傷んでしまい、カンジタ菌が大幅に増殖してしまうと発症してしまいます。
次第に、膣炎を起こしてしまい炎症が酷くなることがありますので、早めに治療を行うようにしましょう。

 

膣カンジタ症を発症してしまうと非常に激しい痒みに襲われてしまいます。
眠れないほどの痒みに襲われることもありますのですぐに異変に気付くことができるはずですよ。

 

あまりのかゆみに我慢ができずに皮膚がただれるほどに掻きむしってしまうこともあります。
この膣カンジタ症というのは、セックスをしていなくても発症することがあります。

 

赤ちゃんからお年寄りまでこの膣カンジタを発症することはありますので、よく覚えておくようにしましょうね。
年齢に関係なく発症するのが膣カンジタですので、膣に異常な痒みを感じるような場合には少しでも早く専門医に相談をするようにしましょう。

 

膣カンジタは多くの女性が発症しているものですので、決して恥ずかしい病気ではないんですよ。

 

 

カンジダ菌のいろいろ

 

カンジダ菌って膣だけじゃないんですね。
私は膣カンジダになったことがあるので、カンジダ菌と聞くと膣の中にいる菌だと思ってしまいます。
口の中にもカンジダ菌があると知ってびっくりしました。
どちらにしてもカンジダ菌ってカビの一種なんですよね。
私は妊娠をしたときに初めてカンジダ膣炎になりました。
抵抗力が弱っているときにかかりやすいようで、妊娠中に発症する人は多いんだそうです。
産後も何度かかかってしまいましたが、市販の薬ですぐに治まるようになりました。
たぶん放っておいても治りそうなんですけど、薬を塗った方が早く治るので。
カンジダってかなりの不快感ですし、かゆくてもかけないのですぐにでも治したいんです。
なんで産後にもよくカンジダになってしまうのかはわかりませんが、
体質が変わったのか育児の疲れなのか、抵抗力が落ちっぱなしなのかもしれないです。
もう再発させないためにも、きちんと体調管理をしないといけません。
でも育児と家事と、もうすぐ仕事再開・・・。
これからさらに疲れとストレスがたまりそうで怖いです。
今より良くなることなんてあるのかなぁ。
なるべく疲れとストレスをためない生活をしないといけないんですけどね。

それが一番難しい気がします。