カンジダ膣炎は早期治療をしましょう

 

性器の病気って当たり前ですが性感染症(性行為が原因の病気)
だけじゃないってご存知ですよね?

 

とても当たり前の事なのですが、内蔵病等の内疾患や皮膚病と
同じように性器も病気になります。

 

カンジダ膣炎は性器の周りや膣内に痒みを感じたりおりものに
異常が見られる病気なのですが性行為によって感染する病気では
なく、膣内の常在菌が増えることで発症する病気です。
ですので性行為を経験したことのない人も発症することがあります。

 

しかし、このような症状は他の性感染症、一般的に言われる性病にも
見られる症状なので、性感染症と勘違いをして性交の相手に
相談したり専門の病院に行って治療を受けることに抵抗を
感じられると思いますが、カンジダ膣炎は体調不順によって引き
起こされる病気ですので風邪等の一般的な病気と同じなのです。

 

カンジダ膣炎も他の病気と同く早期の治療がとても大切です。
症状を感じた際には早めに専門の病院に行って治療を行って下さい。

 

 

 

膣カンジタ症の男女の違い

 

膣カンジタ症というのは、カンジダ菌が原因で発症するということはご存知の方も多いと思います。
膣カンジタを発症する原因となる最も多いのは性行為によるものです。

 

カンジタ菌を持つ女性が男性と性行為をすると女性は膣炎を発症してしまいます。
この膣炎の主な症状は腫れと激しい痒みです。

 

場合によっては、男性のペニスがカンジダ皮膚炎の原因となっていることもあります。
そのような場合には性行為が原因となってカンジタ菌の感染を引き起こしてしまうこともあるんですよ。

 

男性の場合には、性行為によってペニスにカンジタ菌が付着してしまっても、洗えばすぐに流れ落ちます。

 

しかし、包茎の場合にはカンジタ菌を洗い流すことができませんので、男性でもカンジタ菌を発症してしまうことはありますよ。
男性は包茎の場合にはカンジタ菌を発症してしまいますので、少しでも早く包茎を改善するようにしましょう。

 

特に真性包茎の場合には衛生面が非常に悪いですので、よく覚えておくようにしましょうね。
男性はカンジタ菌を発症することはない!
そのように思われている方もいるようですが、場合によっては男性でもカンジタ症を発症することはある、ということをよく覚えておくようにしましょうね。